我が愛犬のぱぴぞうについて

我が家にいる愛犬ぱぴぞうは名前からわかるとおりパピヨンであるが今年16歳になるオスの老犬だ。ただ犬は人間とことなり毛がぬけるわけでもなく働いてもいないのでいつも寝てばかりいるので本当に年寄りなのかよくわからない。

年を取ったなと思うのは白内障で眼がほとんど見えなくなり、散歩につれていってもすぐに疲れて道路にうずくまり動かなくなるだけであとはあまり変わらない。ペットフードも専用食でネットで購入しているいいものだが、最近は硬いせいかお湯で柔らかくしたりペンチで細かく砕かないと歯が悪いせいかたべなくなった。

そこで試しに鰹節を振りかけてみると効果てきめん。残さずたべるようになり最近は振りかけてもらうのを待つようになっている。ただ犬にはあまりよくないといわれているので控えようとしているが、まるまる残されるぐらいならとついあげてしまう。

ぱぴぞうは触られるのがすきだけど上うから手をかざすと噛みついてくるので、下からそっとアゴや耳のうしろを触ると気持ちがよいのかすり寄ってくる。
あぐらをかくと間にもぐりこみ丸くなるところが面白いのでテレビをみながらいつもそうしている。

いつまでも長生きしてほしいが、最近散歩に連れていけないので部屋の中のどこでもウンコしてしまうので見つけるのに苦労するのでできれば同じ場所でしいぇくれないかと思っている。
無添加酵素ドリンクでダイエット